FlashAirを使う

| コメント(0)

 XZ-2の発売記念キャンペーンとしてオンラインショップで選べるプレゼント。プレミアムグリップXCG-2か東芝のSDHCメモリーカードFlashAir 8GBのいずれかのうち、後者を申し込み、それが届いた。
 FlashAirは無線LANアクセスポイントになる機能を搭載。スマートフォンなどでの利用が想定されているが、とりあえずPCからカードの設定を済ませることにした。東芝のサイトから専用ソフトFlashAirToolとマニュアルをダウンロード。FlashAirをSDカードスロットに挿入してソフトを起動。デバイスを選択して「カードの設定」からSSIDとPasswordを変更。「無線LAN起動画面」は自動に設定。以上を適用して保存すればカードを抜いてカメラに戻して記録できる。撮影後、カメラの電源を入れた状態でPCのネットワーク接続から別のアクセスポイントを探すとFlashAirのSSIDが見つかった。これを選択するとPCとカメラ間のLAN接続が確立する。オリンパスのサイトにはiPhoneやAndoroid用の専用ソフトもあるのだが、ここはSafariでhttp://flashair/にアクセスすると画像データの一覧画面になる。任意の画像を選んで拡大表示、PCに別名保存すればいい。

PB230298C.jpg fla_02.jpg fla_03.jpg fla_05.jpg
fla_06.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1