XZ-2 Touch&Try

| コメント(0)

 発表されたばかりのXZ-2に触ってみた。オリンパスプラザ東京のショールームで開かれた新製品トークライブ。これも新製品のPEN Lite E-PL5/PEN mini E-PM2と共に展示されていた。XZ-1からどんな進化を遂げたのかが気になる。トークライブのXZ-2の回は写真家斉藤弘一郎氏の担当。それに先立って短時間だが手に取って弄ってみた。チルト液晶が組み込まれたこともあり、XZ-1に比べて微妙に重い。がっちりした軍艦部がついて精悍な印象。操作系で大きく変わったのが全面のコントロールリング。従来のデジタルコントロールに加え、アナログコントロールが追加された。マニュアル感覚でフォーカスとズームを操作できる。これはオリンパスからアンケートが来るたびに要望していたもので、それが実現されて嬉しい。ほかのユーザーからも「コントロールリングにもっと機能をつけて」などの声があったという。アナログコントロールでリングを回す感じは絶妙で、これには苦心したのだという。デジタルコントロールはカチカチとクリック感があって、前面に新しくついたレバーを操作してデジタルとアナログを切り換える。そのレバーの中心部分はファンクション(Fn2)ボタンになっている。タッチAFとタッチシャッターも搭載された。AFも速くなっている。センサーはXZ-1のCCDから裏面照射型CMOSに変更。ISO感度上限も12800となって暗部ノイズの処理も洗練されたという。オプションで色違いのグリップや防水プロテクターも用意されている。会場では斉藤氏がヨーロッパで撮影した黄昏のシーンが大伸ばしされていたが画質も1200万画素に上がってなかなかのものだ。定評ある明るいレンズもさらにチューニングされたということでは、当分買い物の予定もなかったのだけれど悩ましいのだった。

P9221464.jpg P9221471.jpg P9221472.jpg P9221477.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3