C-3100 ZOOM

| コメント(0)

 デジタルカメラのデビューは1997年発売のC-410L(オリンパス)で、PCに画像を取り込んで遊んだりした。35万画素のプログレッシブCCDではメールに添付するくらいで、印刷するにはデータが足りず銀塩と比べて見劣りした。次に買ったのが2001年発売のC-3100 ZOOMで、1/1.8型CCD334万画素の撮像素子を搭載、有効318万画素のスペックは葉書や2Lサイズ位のプリントならまずまずと思えた。PSAMモードやシーンプログラムのほか簡易動画も撮れて、設定をあれこれいじって絵を作り込む楽しみも覚えた。スキルアップにずいぶん役立ったカメラだ。その後防水プロテクターPT-010を購入、真鶴の海に潜って水中撮影の真似事をしたりした。F2.8からの3倍ズームだが、上級機にあたるC-2040はF1.8~2.6という明るいレンズを誇り、この設計思想が受け継がれてXZ-1の開発に至ったものらしい。雨模様だが庭に出てもみじを撮ってみた。

PC090071B.jpg PC090002.jpg PC090005.jpg PC090006.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1