東福岡、初の栄冠(高校ラグビー)

| コメント(0)

 昨年を含め、三度決勝戦で苦杯を嘗めた東福岡が遂に頂点に。おめでとう、諸君の努力に頭が下がります。試合は前半2トライ、1ゴールを決めた時点で「もしかして楽勝?」なんて早合点してしまった。後半に1トライ、1ゴールを返され12対7になってからが大変だった。伏見工に攻め込まれ、防戦一方になると時計の針が遅く感じられてならなかった。終了間際の5メーターラインあたりでの攻防は胃が痛くなる思い。伏見工の波状攻撃に肝を冷やした。ここでトライを奪われ、ゴールまで決められたら逆転してしまう。それを再逆転するには時間も気力も足りないだろう。後半も30分を経過。ロスタイムを過ぎても中々笛が吹かれない。東福岡があえてボールを蹴り出し、プレーを切ってもまだだ。伏見工もプレーを切らさず、繋ぎに繋ぐ。その連続プレーは鬼神が乗り移ったかのようだ。ちょっとのミスでも試合が終わるのだ。しかし、その瞬間は訪れた。歓喜に揺れるスタンド。
 大会前、主力メンバーを踏切事故で失い、弔い合戦でもあった。サッカー部からラグビー部に転部した選手もいた。様々な人間模様が交錯する優勝戦だった。


P1070992.jpg

P1070993.jpg

P1070997.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1