進水式

| コメント(0)


 
日曜日、朝から残暑の予感。気温も30度を軽く超えそうだ。こうなると落ち着いてもいられない。またまた真鶴半島を目指す。今日こそは念願の進水式を挙行するのだ(笑)。新宿のビック・カメラに発注していたPT-010の予備のOリングをピックアップして行く。
 午後2時過ぎに琴ヶ浜に到着。慌ただしく、C-3100をプロテクターに装着。C-3100は1.8型CCDで開放F値は2.8。C-3040などには譲るものの、明るいレンズだ。初めての進水式を決行。モードをプログラム・オートにして撮影開始。通称、サザエ根あたりでシュノーケリングしつつシャッターを切ってみるが、こりゃ難しい。何しろ身体は常に波に揺れているのだ。そして相手は泳いでいて、移動し続けている。ピントを合わせるのが困難だ。シャッター半押しも難しい。パンフォーカスで撮れればいいのだが。加えて、手ぶれに被写体ぶれだ。水中写真家はよくあんなにきれいに撮れるなって感心する。スイッチを入れっ放しで10数枚撮ったところでニッケル水素のバッテリーが上がった。
 一度戻って、予備のニッカドに変えて撮るも、あんまり保たなかった。魚を追ってピント合わせしている間にバッテリーを喰ってしまうのだ。これという一枚も撮れなかった。初体験だから、こんなものかな。写真はミノカサゴと思しき一枚。岩礁に擬態していて殆ど見分けがつかない。写真真ん中ほどより左にいる。


コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3