E-3はどうなるか

| コメント(0)

PMA2006を終えて。話題をさらったのは松下かな。新しい一眼レフがどれだけ売れるか。LC-1のスタイルを多くの部分で継承。フルマニュアル好きなマニアにも受けるか。
E-3は今回も登場しなかったが。PIE2005で、オリンパスの担当者に予定を尋ねたところ、まず先行してE-300との間を埋める中間機種を出すという答えだった。その後E-500の発売となり、これは実現した。E-330の投入は、松下との協業の成果として、多分に戦略的なものである。ある程度低価格な線でシェアを確保することは、オリンパス・イメージングの存続にとっても絶対条件である。そのことは、コニカ・ミノルタの撤退という現実によって痛いほど思い知らされた。要は利益を出せない体制では、フラッグシップ機を投入しても無意味ということだ。E-3は企業シンボルにもなる機種だけに、力を入れて開発しているだろうが、E-330など先行機種を軌道に乗せねばならない以上、秋口の発表になるのだろう。時間的にPhotokinaでデビューということになるのか。

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1