火星と月

 7月31日、大接近の火星が地球に最も近づくというので、テレビなどでも特集するほど賑やかなことになっている。地球との距離が約5800万キロだという。日没後東南の空に見えるはずだが、高度が低いので都会ではビルの陰に隠れている。ようやく21時頃になって南の空に移動して、高度も上がったので観察できた。さすがに群を抜く明るさだが、見かけ上の大きさは僅か。せっかくだからE-5に50-200ミリをつけて1.4倍のテレコンを装着して撮影。35ミリ判換算で約560ミリになるのだが、合焦するのがやっとという位に小さい。ただの赤い星という感じ。ちょうど月齢18の月が同時に出ていたので撮影して比較。惑星の撮影には天体望遠鏡で拡大する必要があると痛感したのだった。

P7310077.jpg P7310087.jpg

花菖蒲

 東京も梅雨に入って雨模様の日が続いている。この時期の花といえば紫陽花が代表だけれど、花菖蒲も捨て難い。東京の菖蒲といえば葛飾の堀切菖蒲園が有名だが、明治神宮にも花菖蒲田がある。江戸時代は武家の子女が米作りの苦労を学ぶ稲田であったのを、明治天皇の御指図によって花菖蒲田に改められたものらしい。梅雨の切れ間、青空が覗いたのを幸いと出撃。原宿口から神宮南参道を通って東門より入苑。谷地に下って南池を過ぎた先に花菖蒲田が見えている。

P6190019.jpg P6190020.jpg

日比谷公園

 久しぶりに日比谷公園を散策。霞門から入園すると、ほどなく「鶴の噴水」が現れる。上向きの鶴の嘴から飛沫が上がって涼しげ。二月頃には朝方、凍りついた噴水を狙ってカメラマンが集まっていたものだが。第二花壇を右手に見て歩くと、やがて二体の人物埴輪のレプリカがある。地味ながら、なんだか愛すべきキャラクターなのだった。

P5200001.jpg P5200011.jpg

レコード針

 古いレコードを引っ張り出して、これまた時代物のオーディオ・システムのプレーヤーに載せてみた。すると音が飛んでどうにもならない。よく見ると、レコード針の先端が摩耗していた。針を買うなんて何年ぶりだろうと思いつつ、ネット検索するとそこそこのお値段がするのだった。ヤフオクをチェックして、Techinics用のEPS-24CSが出品されているのを見つけた。早速入札して1800円で落札。今日配送されて来たので装着して確認。音は申し分なく、懐かしいレコードを楽しんだのだった。曲はイーグルスの「ホテル・カリフォルニア」であった。

P1930195.jpg P1930198.jpg

月と夜桜

 東京の桜も、はや散りつつある。それを惜しんで夜桜を鑑賞していると、丁度月も高度を上げてきた。多重露出の作例に都合がいいと、E-M1と望遠レンズを持ち出して撮影。強力な手ぶれ補正のおかげで三脚の必要もない。ひと昔前には考えられないことだ。1枚目(枝垂れ桜)はカメラ内で撮影時に合成。この場合、RAWで撮る必要がある。2枚目(染井吉野古木)は二点の画像からPhotoshopで合成。

P3280010.jpg yozakura.jpg

城と桜

 東京の桜もピーク。どこかで撮影したいが、どこへ行くか。迷った挙句、結局江戸城へ。折しも「春季皇居乾通り一般公開」中でもある。せっかくの機会は逃がしたくない。佐川前国税庁長官証人喚問中の国会議事堂前あたりから下って、桜田門から皇居前広場へ。さらに荷物チェックを受けてから坂下門を潜るのだから相当歩くことになる。場所柄、城と桜がメインテーマにならざるをえない。天守は遥かな昔に失われたままだから、富士見櫓は貴重な存在である。三重櫓と桜を重ねると背景にビルが入るけれど、やむをえない。

P3270034.jpg P3270039.jpg

サクラサク

 東京の桜の開花は3月20日前後という予想が出ているが、靖国神社の標本木はともかくとして、巷には早咲きの桜がちらほら見られ始めている。ろくに手入れもされず、放置状態の桜の古木も開花。いよいよ春爛漫という気配が漂い始めた。

P3130011.jpg P3130017.jpg

CP+2018

 今年もやって来たCP+の季節。いつも思うことだが、時が巡るのは早い。会場は例年通りパシフィコ横浜だが、今回は入場口まで外を延々と歩かされてしまった。北側の展示ホール1Fから入場すると、右手にシグマのブースがあって、いつものように中二階にバズーカ砲のような超望遠レンズ「APO 200-500mm F2.8」が待機している。通路を挟んで反対側がリコーイメージングのブース。THETAのほか、新発売になるPENTAX K-1 Mark IIを展開している。

P3020002.jpg P3020004.jpg

富士と笠雲

 羽田発福岡行きのANA機の窓から見た富士山と笠雲。西行きの場合、窓際のA席を予約すれば左手に富士山を俯瞰できる。何度も乗って写真を撮っているが、笠雲を見たのは初めて。笠雲自体、地上から富士山の上にかかった構図の写真しか見たことがない。笠雲は天気が崩れる予兆とも言われるが、雲海と富士との対比が印象的だった。

P1930182.jpg P1930183.jpg

皆既月食(合成)

 華麗な天体ショーとなった皆既月食。E-M1 MK IIで撮影の予定だったが、EVFの不調のため急遽E-5を持ち出して撮影。やはり光学ファインダーは安心できる。タイムラプス撮影とまではいかないが、15-30分間隔で撮影した画像データを元にPhotoshopで合成してみた。前半部分と後半部分に分けたが、月食の終了近くになってやや雲がかかってしまったのが残念。

eclipse.jpg eclipse2.jpg