E-1で撮る蝋梅

 東京は朝から雲ひとつない好天。そういえばもう蝋梅の季節じゃないかと思いつく。ひさびさにE-1を持ち出してみる。KODACの「KAF-5101CE」CCDイメージセンサーを搭載。青空のこってりとした描写は「オリンパス・ブルー」と呼ばれたものだ。レンズはZD12-60mm F2.8-4をつけた。杉並区の「蚕糸の森公園」をチェックしたものの、ここにはなく「梅里中央公園」まで移動。名所なのか、何本も蝋梅の木が植えられていた。ありがたく青空バックに撮影。

P1314535.jpg P1314534.jpg

朝の月

 東京で初日の出を拝んで、ふと振り返ると西の空高く月が浮かんでいた。ほぼ満月に近く、大気も澄み切っていたせいか美しい。朝に見る月というのは幾らか間が抜けた印象がないでもない。けれど、文学的に見れば後朝の別れの後、自宅へ戻る途中で有明の月を眺めて歌を詠む場面があったりして、それはそれで風情があるというものだ。右は月齢20.4の今朝の月。

P1010030.jpg P1040476.jpg

東京タワーライトアップ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 クリスマスイブの東京タワーライトアップは「インフィニティ・ダイヤモンドヴェール」と名付けられ、これは「2020クリスマス・スペシャルライトアップ」という意味合いがあるらしい。昨夜からいつものライトアップと違うと感じたので、今日は望遠レンズで狙ってみた。新宿以西から見ると、タワーの上部しか見えないのが残念。南側にはハートマークも点灯するらしいのだが。

PC240004.jpg PC240008.jpg

雪のみなかみ

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 みなかみ町の降雪量が2メートルを超えて、大変なことになっているのが連日報道されている。とはいえ、もともとが豪雪地帯なのだ。群馬県みなかみ町藤原と山形県大蔵村肘折というのはよく聞く名前だ。青森県の酸ヶ湯温泉と新潟県津南町なんていう地名も有名。2010年1月に天神平にスキーに行った時の画像で振り返る、水上駅と土合駅の雪景色。

P1172381.jpg P1172385.jpg

バスから眺めると電話ボックスが雪に埋れていた・・・。

P1172382.jpg P1172387.jpg

石元泰博写真展に行く

 開催中の「石元泰博写真展」だが、会期終了が迫ってきた(20日まで)ので慌てて行ってきた。会場は東京オペラシティ・アートギャラリー。オペラシティを訪問するのは実に久しぶり。前回行ったのは2003年10月で、ここを会場にMacOSX Panther (Ver.10.3)が発表されたのだ。会場には、シャーロック・ホームズの扮装をした原田永幸アップルジャパン社長(当時)が現れて、大いに盛り上がったように記憶している(その時に配られたAppleロゴ入りのTシャツをまだ持っている)。その時記録に使ったカメラはOLYMPUS C-3100ZOOMで、取得画像が左の写真。地下1階にあるサンクン・ガーデンにある「Singing Man(ジョナサン・ボロフスキー)」のモニュメントだが、これは変わりなく立ち続けていた。季節柄、いまはクリスマスツリーが場の主役を務めている。

PA240004.jpg P1930807.jpg

December

 暦の上ではディセンバー、でも公園の紅葉はギリギリ、サバイバー。蚕糸の森公園のモミジだが、天気がぐずついたので撮影できないでいるうちにピークを過ぎた感。やはりモミジは太陽光線を意識して、逆光気味で撮りたい。順光で撮ってみてもそれなりだから。この公園の、ヒマラヤスギの紅葉も美しい。天高く伸びる木を仰角をとってLX100で撮影。

P1930766.jpg P1930774.jpg

秋の色

 近くの公園の銀杏の木が黄色く染まった。青梅街道沿いの街路樹はまだ青いものが多いのだが。同じ公園の中でも個体差があって紅葉が遅い銀杏もある。こんな時、生命の多様性を感じる。落ち葉が積もって、それを踏みしめて歩く日が待ち遠しい。

DSC_0407.jpg DSC_0408.jpg

芒と鉄道

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 以前撮影した画像データをあれこれ見ていると、芒を撮ったものが出てきた。日光を浴びて輝く芒の穂を意図的に撮ったものもあれば、たまたま写り込んだものもあった。前者の代表は小海線でキハを撮ったもの。後者は谷川岳登山の前日、土合駅裏の宿に泊まった折に撮影したもの。いずれもなつかしい思い出だ。

P9136570.jpg PA163911.jpg

ススキを見る(和田堀公園)

 秋の七草について書いた流れで。野にあるススキを見たくなってしまったが、周囲には見あたらない。和田堀公園にあるかも知れないと思い、善福寺川筋をポタリングして遡上。護岸工事に遮られつつも、和田堀池に到着。公園は家族連れで賑わっていた。BBQを楽しむグループも。川の土手にちょっとしたススキなのか茅なのか生えてはいるが。記憶の中のススキとは違うような。昼食をとって戻る途中の大宮橋付近の緑地でススキを発見、LX100で撮影。光が当たってイメージ通り。キンエノコロらしき野草も。

P1930752.jpg P1930749.jpg

萩の花

 秋が深まり、町中にも秋の花が目につくようになってきた。秋の七草にも選ばれている萩の花を見たいと思ったが、野の花だからなかなか見つからない。
「秋風は 涼しくなりぬ 馬並めて いざ野に行かな 萩の花見に」(万葉集巻十 作者不詳)
やっぱり遠出しないといけないのかな、と諦めかけたが思わぬところで発見。ホトトギスの花まで撮影することができた。

hagi2.jpg hototogisu2.jpg