首里城炎上

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 7日の朝6時。NHKのニュースを見ようとテレビのスイッチを入れたら。映し出されたのは、紅蓮の炎に包まれた首里城の姿だった。なんてことだ、夢じゃないのか。しかし、それはまごうことなき現実だった。首里城は2008年9月に訪れた。ゆいレールの首里駅で下車、坂を登って沖縄県立芸術大学の横を通って、円覚寺跡を左手に見ながら歓会門から入城。軍人だろうか、米国人らしい人も多かった。門をいくつか潜って正殿前の広場へ。朱色の壁と装飾が見事。正殿内部も見学。玉座も美しい。只々溜息が漏れる・・・。その正殿が崩れ落ちた。北殿もその他の建物もまた。30年かかった復元プロジェクトが、今年の2月に完成したばかりだというのに。それにしても、本殿天井にスプリンクラーもなかったというのには絶句。「漆塗りの柱は一旦燃えたら消火が難しい」とは、消防関係者の談話。さっそく再建の話が出ているが、火災の検証が第一だろうし、そう簡単に復活できるとは思えない。前途多難が予想されるのだった。

_9181022.jpg _9181023.jpg

恐竜博2019

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 台風19号襲来直前の某日。前から気になっていた恐竜博に行ってみることにした。会期末は14日だが、台風の影響も考えられる。平日とあって、会場の国立科学博物館にもさほどの行列は見られない。程なく特別展に入場。内部はデイノケイルスやティラノサウルスなど、各種恐竜の全身骨格が展示されていて圧巻。入場者も滞留しているので中々先に進めない。今回の最大眼目は何といっても「むかわ竜」ことカムイサウルスだ。北海道むかわ町で発掘された骨格は、テレビ番組でも屡々取り上げられ余りに有名。フラッシュ発光は禁止だが、写真撮影は許されていて来場者が盛んにシャッターを切っていた。

P1930417.jpg P1930428.jpg

彼岸花

 今年の夏が猛暑だったせいだろうか、お彼岸になっても、周囲に彼岸花を見かけなかった。これはというポイントまで出かけてみる。中野区の公園だが、木陰に毎年咲くのだ。22日頃はまだ蕾で、開花が二輪ほど。そこで今日満を持して出動。すると何ということだ、草刈りの真っ最中。業者三人で草刈り機がフル稼働している。幸い、彼岸花の周辺はまだだったので、勘弁してもらって慌てて撮影。間に合ったのはラッキーだったなあ。

P1930379.jpg P1930380.jpg

大宮八幡祭り

 秋の大祭を開催中の大宮八幡宮に行ってみた。この時期は各地の神社で祭りをやっていて、神輿の列としょっちゅう遭遇する。環七の妙法寺辺りからMTBで下って堀ノ内経由で行くと、堀ノ内熊野神社でも祭礼中。善福寺川べりに出ると、相変わらず工事中で進路変更を余儀無くされる。ひっそりとした熊野神社とは異なり、大宮八幡宮は人出も多くて賑やかだ。参道には屋台がびっしり並んでいる。子どもらの歓声を聞いていると、遠い日の記憶が蘇ってきた。

P1930358.jpg P1930363.jpg

清流

 暑いので、せめて写真を眺めて涼もうと思いつく。海の画像もあるけれど、ここは山で。上高地から槍沢へ向かうルートにある渓流。上高地は人でいっぱいだが、ここまで来ると森閑としている。

P8100270.jpg P8100274.jpg

ホオズキ

 真っ赤なホオズキの実が目を射た。新宿駅南口のサザンテラスを歩いていると、宮崎県の物産館KONNNE前でホオズキを飾ってキャンペーン中。日之影町の特産であるという。日之影町は宮崎県の北部に位置する町。この5日、6日は六本木の朝日神社でほおずき市を開催したらしい。9日からは浅草寺のほおずき市も始まる。思いがけず、夏の風物詩を楽しんだ。

P7060005.jpg P7060007.jpg

極楽寺

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

 昨夜放送されたNHKの番組「ブラタモリ」は阿蘇の回。後半大観峰辺りからの展望になって、野焼きの話から刈り取った茅が、鎌倉の「極楽寺」の山門の屋根を葺くのに使われているとの解説。それで過去の画像を漁って極楽寺を撮影したのを見つけた。紫陽花と共に、茅葺の山門が写っている。極楽寺は真言律宗の寺で、北条義時の三男・重時が建立に着手、忍性が招かれて開山になったという。往時は大規模な伽藍を構えていたが、新田義貞が鎌倉を攻めた際、戦火で消失したらしい。極楽寺まで来れば、近くの成就院に寄って紫陽花を眺めるのが自然な流れ。参道からは花越しに材木座海岸を望むことができる。

P6070767.jpg P6070774.jpg

東寺展へ行く

 東京国立博物館で開催中の「国宝東寺ー空海と仏像曼荼羅」展が2日までというので、1日上野に向かった。土曜の午後というのでかなりの混雑。チケットの購入までに約30分、会場の平成館入場前の行列にも30分。入場後の見学者の滞留もあってなかなか進めないほど。真言七祖像の先に空海が師の恵果阿闍梨から授かったという五鈷鈴、五鈷杵が金剛板の上で輝いていた。第一会場のメインと言えるのは後七日御修法の修法壇。壇は二つあって金剛界曼荼羅と胎蔵曼荼羅がそれぞれ飾られてある。第二会場の眼目は、何と言っても東寺講堂に配置された立体曼荼羅を、手の届くような距離で拝観できることだろう。構成は異なるものの、宝生・阿閦・阿弥陀・不空成就如来をはじめ降三世・軍荼利・金剛夜叉明王や金剛薩埵菩薩像など、圧巻と言うしかない。特筆すべきは、帝釈天騎象像のみ撮影が許されていることだ。たまたまE-M1を持って来ていたので、これ幸いとISO感度を上げた。フラッシュ発光は厳禁だが、スマホを構える人たちと並んでひとしきり撮影。

P6010013.jpg P6010017.jpg

イングリッシュ・ガーデン

 横浜で会合を済ませたあと、折角なので足を伸ばして「港の見える丘公園」への坂道を登った。横浜に住んでいた子供の頃から、時々足を運んでいるのだが、近年は薔薇園が美しいことが聞こえていた。2014年「イングリッシュ・ローズガーデン」としてリニューアル開園。沈床花壇は「香りのローズガーデン」になったというので、一度行ってみたいと思っていたのだ。GWの真っ只中とあって、なかなかの人出だし、観光バスを利用して来園する外国人も多いようだ。

P1930295.jpg P1930312.jpg

PENTAX SP作例

 PENTAX SPで撮影したフィルムの現像がやっと上がって引き取り。ところがフィルム装填時にミスしたらしく、空回りしていたらしい。つまり多重露光していたわけだ。こんなことは初めてで、恥ずかしい。一部、御茶ノ水の聖橋から丸ノ内線を撮った分がデータとして残りCD-Rに焼かれていた。

FH000002.jpg FH000003.jpg