巾着田から日和田山

| コメント(0)

 一通り撮影を済ませて巾着田を離れた。ふれあい広場から水車小屋、管理事務所に至る遊歩道は懐かしい里山という雰囲気。巾着田の界隈は思った以上に自然を楽しめる。コスモスの群生地には蜂やトンボが乱舞していた。蕎麦畑や頭を垂れた稲穂越しに日和田山を眺める。標高305メートルの低山ながら、山頂付近からはきんちゃくの形が俯瞰できるという。撮影機材を抱えたまま、ジーンズとスニーカーという軽装で山を登る。これが結構なアルバイトなのだった。この日は気温が高くて汗が滴り落ちてくる。登るにつれて岩場も出てくる。何だかすっかり本格登山の気分。一脚がトレッキングポール代わりに役立つ。やっとこさ金刀比羅神社に辿り着いて振り返ると、そこに巾着田の全景が広がっていた。

P9295322.jpg P9295329.jpg P9295349.jpg P9295351.jpg
P9295355.jpg P9295359.jpg P9295363.jpg P9295368.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3