富士フイルム、「ネオパンSS」の生産を終了

| コメント(2)

http://dc.watch.impress.co.jp/docs/news/20120713_546766.html

「富士フイルムは13日、「ネオパンSS」など一部黒白感材の生産を終了すると発表した。また、黒白写真処理薬品の全品種について2012年9月から3割程度の値上げを実施する」(デジカメWatch)

 ああ、ついにそんな日が来たのかと。ショックというよりは感慨深いものがこみ上げた。小学生時代、天体写真を撮ったのはこのフィルムだった。近所の写真屋さんに増感現像をお願いして。そのうちに現像タンクを買い込んで、自宅の押し入れでフィルムを交換したりしていたなあ。現像バットやら薬品を買い込んですっかりはまったものだ。トライXは高価でとても手が出なかった。望遠鏡など欲しい機材がたくさんあったが、小遣いではどうにもならず新聞配達のアルバイトしたりした。今ならフィルムで撮るならプロビア400Xとか使うだろうし、ネオパンという選択肢はない。デジタルで撮った方が勝負が早い気もするし。それでもネオパンSSと聞くと、タイムスリップしたような不思議な感じがするのだった。

コメント(2)

ついにネオパンSSも生産終了になるのですね。
ネオパンは中学、高校時代にはよく使っていたフイルムです。
自家現像・プリントならいいのですが、一度お店でプリントを
頼んで、カラーネガより費用がかかったことに驚いたこともありました。

今でもたまにフイルムは使用しますし、完全に無くなると
寂しいのですが、デジタルの手軽さを考えると頻繁にフイルムを
使う状況でもありませんね。

レンズ付きフイルム(写るんです)などが有る限り、フイルムが
完全に消えることはないと信じたいですが
最近では観光地でもレンズ付きフイルムってあまり見かけなくなり
ましたね。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3