カワセミ(和田堀公園)

| コメント(0)

 杉並の善福寺川沿いにある和田堀公園は、カワセミの撮影ポイントとして有名。何度か機材を持って訪れてみたが、何故かいつも空振り。一度も翡翠色の飛翔体を見たことがない。まあ、これは確率の問題なのかも。たまたま、阿佐ヶ谷方面に用事があって、ついでだから帰りに寄り道しようとバッグにE-520と50-200mmだけ入れて出掛けた。もし撮れたらいいな、くらいの軽い気持ちで。現地に着くと、常連らしい人たちが三脚を並べているが、鳥の姿はない。ちょうど昼時で、池の前のベンチに腰を下ろしてサンドイッチをほおばる。と、視野の隅で青い何かが飛んだ。慌ててカメラを抱えて水際に走る。カワセミだ!念願の御対面だ。だいぶ前に、日比谷公園で見かけて以来だ。シャッター優先で、高速シャッターが切れるようにISO感度も高めに設定してあった。三脚は持って来ていないので、連写モードで。時々位置を変えながら、かなりの時間被写体になってくれた。何度か水に潜ったが、その瞬間は捉えられなかった。高速連写ならE-5でないと無理だ。野鳥の撮影となると、200では35ミリ換算で400mmだから、絶対的に焦点距離が足りない。この時ばかりは、70-300mmとEC-14を持ってくればよかったと後悔。その組み合わせだと、最大840mmになる。鳥専門に撮る人なら、大口径の望遠かデジボーグの導入を考えるところだ。

PA014166.jpg PA014186.jpg PA014202.jpg PA014220.jpg
PA014228.jpg PA014238.jpg PA014243.jpg PA014256.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3