パレオエクスプレスに乗る

| コメント(0)

 天気のよい日曜日。特に予定もなく、鉄道を撮りに行くかという気がもたげて来る。今なら新府桃源郷の桃が満開だろうか。冠雪の甲斐駒や鳳凰三山バックに咲く花びらが瞼に浮かぶ。それとも秩父鉄道のパレオエクスプレスに乗りに行くか。カタクリは終わっているし、桜も散り際ではあるが乗り鉄という楽しみもあるのだった。秩父鉄道のSLなら土日に乗るしかない。迷った末、後者を選択。池袋 から東武東上線に乗車、小川町 で寄居行きに乗り換えだが、何と日曜は間引き運転ということで、SLの寄居発車時間に間に合わなかった。仕方なく長瀞から乗ることにして、東上線のホームからパレオエクスプレスを見送る。今日は「ぶらり!秩父・長瀞おでかけきっぷ」を利用。1,000円で寄居から長瀞まで乗れて、その先の長瀞〜三峰口がフリー区間になる。沿線で乗り降りして撮影するのに具合がいい。しかし、今日はSLを楽しみたい。武州日野から先は未体験であるので、是非とも終着の三峰口まで行きたい。自由席用のSL整理券500円も購入。


P4170879.jpg

 長瀞駅に停車中のSLに後続列車で追いつく。秩父鉄道の客車は塗装が独特の色で雰囲気がある。上長瀞駅付近の桜並木ではカメラの放列が待ち構えていた。御花畑を過ぎたあたりで弁当を開く。車窓から顔を乗り出すと、煙も浴びるが風が気持ちいい。武州中川の枝垂桜が見頃。やがて三峰口に到着。機関車に水を補給するのを見守る。駅裏には秩父鉄道車両公園があって、旧式の貨車や電車(クハニ29形など)が展示してある。ここで 転車台に乗って向きを変えるC58 363を撮影。
 三峰口駅は関東の駅百選の第3回選定の美しい駅だ。ここから下り普通列車に乗って、
浦山口駅で下車。乗り鉄の次は撮り鉄ってわけだ。ホームから見ると、 向かいの山の斜面にびっしりとカメラマンの姿が。駅でSLを撮るつもりだったが、桜もかなり散ってしまっているので、山から撮ることに決めて稲荷神社の参道を登る。ここから俯瞰で浦山川橋梁を渡る所から、駅を過ぎるまで結構長い時間を撮影。SLが去ると、階段を下りて前回同様に不動名水を汲んだ。東京の水道は、最近すごい味がするので有り難い・・・。

P4170888.jpg

P4170904.jpg

P4170911.jpg

P4170948.jpg

P4170961.jpg

P4170979.jpg

P4170986.jpg

P4170996.jpg

P4170998.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1