不動名水

| コメント(0)

 月曜日、時間が空いたので秩父の「不動名水」を汲みに行って来た。秩父鉄道の浦山口駅で下りると直ぐの所にある。ここは鉄道の撮影ポイントで、SLなどを撮りによく来るので知っていた。いつもはさほど関心もないのだが、事こういう事態に立ち至っては、一転何より貴重な存在と思えて来る。生きる上で、まず必要なものだから。普通に買えたミネラルウォーターのペットボトルが、いまや入手困難。


P3280059.jpg
 

 「不動名水」は武甲山周辺の水脈が石灰質で濾過されて流れ出て来た伏流水だという。平日とあって、順番待ちすることもなくふんだんに流れ落ちる水を頂いた。管理料として200円を入れるだけだ。ついでに武州日野駅まで足を伸ばし、カタクリの群生地を覗いてみたが、ちょっと早過ぎた。来週あたり花が開きそうだ。
 武甲山は異形といえる山容を晒していた。美しいとはいえないけれど、産業発展のために我が身を削って世に提供して来たのだから仕方ない。去年の5月に登ったが、その頃は気持ちにも余裕があった。1年後、こんな事態になるとは・・・。

P3280063.jpg

P3280050.jpg

P3280044.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1