RW16L

| コメント(0)

 RW16Lは羽田空港の滑走路を方位で表したもの。C滑走路の運用で南風の時、着陸用にRW16Lが使われ、北風の時、離陸用に逆方向のRW34Rが使われる。羽田周辺では京浜島つばさ公園が有名な撮影スポット。アクセスはJR大森駅または京急平和島駅からバスが出ている。駐車場も自販機、トイレもあり。


_9110818.jpg
 

 今回、土曜日の午後から出掛けた。暑い日だったが現地は緑もあり、木陰で涼みながら撮影することが出来た。潮風が心地いい位だ。デイキャンプをするグループもあり、サンドイッチを持ってピクニック気分の老夫婦などもいる。飲み物、食べ物を用意してゆったりくつろぐのも悪くない。
 今日の目的は海保のYS-11(JA8701)を撮るため。先々週の土曜日に飛んだという情報があった。海保のYSは2機あるが、2010年限りで運用終了とのこと。そうなれば日本の空からは自衛隊機以外にYSの姿が消える。また、羽田空港のD滑走路運用開始となればRW16Lへの着陸は原則なくなる。つまり、つばさ公園からの撮影チャンスは残された僅かな時間しかないということだ。この日、夕暮れまで粘ってみたがYSは撮れなかった。代わりに海保の保有機ガルフファイブLAJ501を撮影。そもそも、14時45分から17時45分頃までの間、海保の保有機が着陸したのはこの1回だけだった。

_9110823.jpg

_9110829.jpg

_9110848.jpg

_9110917.jpg
 

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3