飛ぶ鳥を写す

| コメント(0)

 葛西臨海公園は予てから気になっていた場所だ。京葉線で京浜幕張や蘇我に行く時の通過駅だが、一度も降りたことがない。大観覧車と水族館で有名だが、バード・ウォッチャーにとっても楽しめる「鳥類園」があるのだ。久し振りに鳥を撮りたくなって、GW中だけれど彼の地を訪れた。さすがに水族館などの方面は大混雑の様子。けれど鳥類園は雑踏とは無縁だ。大体、バード・ウォッチングの愛好家といったら礼儀正しく、温厚。ないしは大人しいといった感じだ。人を押しのけて我先にといった性格がもっとも相応しくない(と想像)。


P5035392.jpg

 鳥類園の中枢である観察舎でしばらくスポッティング・スコープを覗くが、なかなか鳥を視界に入れられない。これにはちょっと焦った。やはり慣れ親しんだ望遠レンズの方がぴったり来る。50-200をつけたE-3を一脚にセット。取り敢えず目についたアオサギあたりから撮影して行く。観察のルートに沿って、所々にちょうど銃眼のような覗き窓のついた門?のような施設がある。淡水域と汽水域ごとに「上の池」『下の池」などと区別されている。淡水域にはあまり野鳥の姿が見られなかったので主に汽水域をぐるっと回ってみた。歩くと結構な距離だ。ちょっとした池でも迂回すると・・・。何箇所か設けられている観察舎だが、小屋風のもあればトーチカ風のもあった。オオハシシギやハチドリなどを撮ってみる。50-200といえば35mm換算100-400mmに相当。それにテレコンEC-14をつけているので560mmという超望遠だけれど、鳥撃ちには力不足。70-300なら最大840mmだったのだが、あとの祭。まあ、50-200の方がAFが速いかと思って選んだのだが。今後の反省点。ヒヨドリがすぐ近くまでやって来て驚く。超望遠ではあんまり近過ぎるとフォーカスが合わないが、どうにかセーフ。帰り際に潮風に乗って飛翔するアジサシ?を撮ってみた。


P5035404.jpg

P5035451.jpg

P5035513.jpg

P5035505.jpg

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1