E-620 ハンズオン

| コメント(0)

 発表されたばかりのE-620をいち早く体感できる『タッチ&トライセミナー」が神田小川町のオリンパスプラザ東京で開催されるというので駆けつけた。E-620はE-420の発展型という位置づけ。ボディ内手振れ補正と2軸可動式2.7型液晶モニターを搭載。さらにE-30に加えられた「アートフィルター」機能も追加された。マルチアスペクトに多重露出機能もだ。AFセンサーは3点から7点に測距点が増え、ツインクロスセンサーと一気に性能アップ。連写は秒4コマと進化した。うーむ、オリンパスとしてはかなり力が入った製品ではないか?E-30よりも自分的にはインパクトがある。触った感じも中々の仕上がりだ。「アートフィルター」などの新機能を除けば、一々の性能はE-3に敵わないのだが。しかし、E-420よりちょっと重い程度のボディに充実の機能を満載。小型機としても入門機としても最強の一台であることは間違いない。E-3のサブ機として使っても、サブ機というには勿体ないくらいの出来だ。これは売れるんではないだろうか。カメラボディを購入する積もりはさらさら無かったのだが、グラッと来てしまった。かなりヤバい感じだ。


P2264493.jpg

P2264502.jpg

P2264507.jpg

P2264508.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3