F1チャンプはハミルトン

| コメント(0)

 チャンピオン決定を最終戦ブラジルGPに持ち越したフォーミュラ1の2008年シーズン。インテルラゴス・サーキットでの最終レースがあったこの日は、ポイントリーダーのL・ハミルトン(マクラーレン・メルセデス)にとっても僅差で追うマッサ(フェラーリ)にとっても最も長い1日になったことだろう。
 レースはPPスタートのマッサが終始リード、ハミルトンは4位で追走。そのままゴールすれば2点差でハミルトンがチャンピオンに決定という展開で進行。ところがレースも終盤になってインテルラゴスに(文字通り)暗雲が漂い始める。各チームの天気予報では雨は確実な情勢。実際ラスト6周あたりで路面は雨に打たれ始める。この時、上位チームにレインタイヤに交換するかどうかで葛藤が生じた。このまま無理に走り続けて大雨になれば万事休する。ここで2位走行中のライコネン(フェラーリ)がピットインしてレインタイヤに履き替えると、3位以下の各マシンもそれに続いた。ハミルトンも勿論、レインを選択しピットロードを出てゆく。先行していたマッサも次周に交換、ピットアウト。これでチャンピオンシップに波乱はない筈だった。ハミルトンは追い上げて来たベッテルに躱され5位に落ちているが、それでも1点差でチャンピオンだ。ところが信じられないことが起きる。トヨタのグロックがタイヤ交換せずに突っ走るというギャンブルに出た結果、ハミルトンは6位に転落。これでは栄冠がマッサに渡るのだ。セナ以来のブラジル人チャンピオン誕生の瞬間か。しかも、舞台は地元ブラジルのインテルラゴス。フェラーリ関係者と会場を埋めた観客のボルテージは最高潮に。マッサがトップ・チェッカーを受ける。この時ハミルトンはまだ6位のままだ。手にしかけていたチャンピオンの座がするりと逃げて行く。ブラジルの歓喜。ところが最終コーナーでドラマは起こった。グリップを失って急激にスピードダウンするグロック。その脇をベッテルとハミルトンがすり抜けていく。何と何と、最後の最後に大どんでん返しが待っていた。史上最年少チャンピオンの誕生。昨シーズンの無念を晴らしたハミルトン。一方のマッサにとって、表彰台で浴びるシャンパンの味は苦いものであったろう。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3