麗しの、癒しの島(竹富島)

| コメント(0)

 旅もいよいよ最終日。台風を心配して始まった旅だが、どうにか天気も保ってくれた。石垣港の離島ターミナルから竹富島へ。憧れの古民家の集落だ。珊瑚で出来た石壁と赤瓦の組み合せは勿論、広角レンズで空気を切り取るように。一軒一軒違う表情のシーサーは望遠レンズでその表情を狙ってみる。シーサーの数は無数とも思われ、シーサー好きな身としては陶然となる。念願のシーサー・コレクションも達成し、至福の時間となった。この日も気温30°を超え、集落を撮影して回ると汗みずくになる。食堂に入って休憩。ツアーの一行はオリオンの生をグビグビと。こちらはかき氷に惹かれてマンゴーがけを注文。
 まったりした時間が流れる竹富島に別れを告げ、石垣島に戻ってバスで最終目的地川平湾に向かう。ここのカビラガーデンで昼食後、グラスボートで湾内の珊瑚礁を観賞。数え切れない種類の珊瑚に見とれてしまった。魚の種類も多く、クマノミも発見。リーフ特有の海の色にすっかり癒されて帰路に着いた。


_6260576.jpg

_6260610.jpg

_6260633.jpg

_6262843.jpg

_6260705.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3