Lightroom 1.4の不具合

| コメント(0)

http://dc.watch.impress.co.jp/cda/accessories/2008/03/18/8147.html

アドビシステムズは、14日に公開した「Photoshop Lighroom」の最新アップデータ(Ver.1.4)の公開を中止した。「いくつかの不具合を確認したため」としている。具体的な内容は明らかにしていない。

 Ver.1.4をインストールしたユーザーに対し、Ver.1.3.1をインストールすることを薦めている。

 Photoshop Lightroom 1.4に関する追加情報はLightroom Journal(英文)で提供するとしている。

 この記事を読んで、最近インストールしたばかりのVer.1.4をアンインストールした。アプリケーション・フォルダからゴミ箱にドラッグ、ライブラリの関連ファイルをデスクトップに避難してDLしたVer.1.3.1を入れようとしたのだが・・・インストーラーが受け付けない。何度やっても新しいバージョンのLightroom(1.4)があるのでインストール出来ないというのだ。再起動してもダメ。途方にくれたが、こんな時のためにTime Machineがあるのを思い出した。Ver.1.4を入れる以前の環境に戻って、アプリケーション・フォルダからVer.1.3.1を選択、復元をクリックするとあっさりと元に戻ることが出来た。関連ファイルも同様に戻したからデータを失うこともなかった。いやあ、えらいもんだと感心しきり。実際、この機能がLeopardの最大の美点じゃないだろうか。10.5にしてから起動しないアプリもあるのでちょっと悩んでいたのだが。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3