MacBook Airにtouch

| コメント(0)

 オリンパス・プラザを出た後、人形町で用を済ませて銀座のアップル・ストアに寄った。この日[Monthly ProPhoto]で、「最新デジタル一眼レフのすべて PART4 オリンパスE-3」と題したイベントがあるのだ。講師はフォトグラファー根本タケシ氏。プロユースとしての成熟度などを熱く語った。ライブビューに対する評価が高いようだ。実際、物撮りなどで厳密なピントを要求される場合でもS-AF+MFかMFモードでライブビュー、10倍表示にしておけばピントリングを回して容易にコントロール出来る。講義を聴いた後、気になっていた噂のMacBook Airを触ってみた。展示マシンの蓋を閉じてちょっと持ち上げてみると、やはり驚くほど軽い。Windowsマシンにはもっと小さいものも、軽いものもあるだろうが、普段MacBook Proを使っている身からすると、13.3インチでもモバイルマシンと思えるほどコンパクトに感じた。やはり、設計者が米国人であるからにはキーボードをこれ以上小型化するのは無理なのだろう。それは手指のサイズがあるから自らキータッチして試験する必要から来るものかと。尤も、かつてPowerBook 12インチなんて機種もあるにはあったが。しかし、一旦ワイド画面の快適さに慣れると以前の暮らしには戻れない・・。Airの実機に触れてみて心に響くものがあった。これはいい。旅先に連れていくには最高だ。HDDが80GBしかないというマイナス面(80GBは今ではきつい。Boot Campを入れるなら尚更)を考慮すると、マイナーアップを待つべきとは思うが。

 サイトのギャラリーに太宰府天満宮を追加しました。


P2031560.jpg

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3