QTVR~東京天文台編

| コメント(0)

 三鷹の国立天文台を訪れた大きな目的のひとつは、第一赤道儀室と黄葉の銀杏をフレームに収めてQTVRを撮ること。機材はOLYMPUS E-1とZUIKO DIGITAL ED 8mm Fisheyeの組み合せ。Velbon Mountain Chaserの三脚にPHD-51Q雲台を使用。51Q雲台は3個の水準器と回転軸に目盛りがついていて便利です。パノラマ雲台でなくても、何とか実用範囲かと。ZUIKO DIGITAL ED 90-200mmの三脚座を8mm Fisheyeに転用、斜めに傾けて固定、水平方向6枚天頂方向前後2枚、下方約60°で前後2枚を撮影。ADOBE LIGHTROOMでRAW現像、出力。Photoshop CS3で三脚が写り込んだ画像をレタッチ。PTGuiに読み込んでパノラマ写真を作成。QTVR ConverterでCubic VRに変換しています。三脚座を使わなくても、縦位置撮影用のL字ブラケットを利用すれば勿論可能です(こちらの方が正統でしょう)。


コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1