F1 カナダGP

| コメント(0)

 いやあ、カナダGPはひさびさ面白いレースでした。見所満載って感じで。マクラーレンのハミルトンの初優勝、4回のセーフティカー導入に象徴される荒れたレース。中でもクビサの大クラッシュには背筋が寒くなりました。てっきりこれは駄目だろうと早合点。しかし、何より興奮したのは佐藤琢磨のオーバーテイク。先行するR・シューマッハを料理すると、残り3週で追いついた前年チャンピオンのアロンソに並走、鮮やかにパス。3年前くらいの斬れに斬れていた頃の琢磨が復活か?
 解説の片山右京はピットインとセーフティカーのタイミングの悪さを指摘、あるいは表彰台のチャンスを逃したのではと喚いていた。まあ、表彰台はともかく最初のピットインで給油出来ず、タイア交換のみに終わった時、地面を叩いて悔しがったスタッフがいたのも事実。それでも鬼気迫る追い上げで観衆を沸かせた琢磨は見事だと思うし、今後のレースにも期待を抱いてしまいます。
 何だかんだ言われたSUPER AGURIですが、膨大な資金を投入しているはずのTOYOTAワークスにもHondaにも後塵を浴びせたというのはちょっと快感。TOYOTAはエンジン供給先のWilliamsに表彰台をゲットされてしまいました。SUPER AGURIのチームワークはBARを遥かに凌ぐようです。F1の世界では一流チームの力は本当に大きい。Honda黄金時代もマクラーレンと組んで成し遂げられたものだし、その前はウィリアムズと組んでいました。チームのカリスマである鈴木亜久里と佐藤琢磨のコンビは再びの夢を見せてくれるでしょうか・・。

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1