CS3 WEB PREMIUM

| コメント(0)

 ADOBE CREATIVE SUITE 3 のWEB PREMIUMバージョンが到着。散々に悩んだあげく、結局買ってしまった。旧マクロメディアのSTUDIO 8からのアップグレード・パスで111,000円。痛過ぎる出費には違いないのだが。yodobashiのポイントが10%還元ということで、実質99,900円ということになる。2003年の4月にStudio MXを購入したのが55,440円でFireworksからのアップグレードだった。2005年10月にはStudio 8にバージョン・アップ、これが48,090円だった。それから2年足らずで10万円の追加出費はキツい。住民税の増加もずっしりと肩に重いタイミングだ。それでも買おうという判断に傾いたのは、Photoshop CS3 も付いてくるからだ。Photoshopは今回から通常版とExtendedに分かれてしまった。通常版は26,000円だがExtendedになると48,000円もするのだ。WEB PREMIUMに含まれるのはExtendedなのだ。Extendedになると動画の読み込みもサポートされるし、3Dソフトから書き出したファイルを読み込んで編集出来るのも魅力だ。どうしても欲しい機能だ。さらに、決定打となったのはIllustrator CS3が付属することだ。FreeHandユーザーとしては悩ましいが、FreeHandの開発が終了だというのなら乗り換える他ない。FreeHandからイラレへの単独のアップグレードもあって、26,000円だという。製品版なら84,000円払うことになる(アドビストア)。FlashやDreamweaver、Fireworksなどに加えてPhotoshopとIllustratorの価値を考えると、やむを得ないという結論に至った。
予約して購入すると30日の無償サポートがプレゼントされるという現実にも背中を押されてしまって・・・肝心なのは、ソフトで何をやるか・作るかということではあるけれど・・・。

コメントする

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3