DMC-L1を発売

| コメント(0)

松下のLUMIX DMC-L1が7月22日に発売。実売価格は25万円前後という。価格設定は微妙だが、「先行のニコンやキャノンのようなカメラを作っても仕方がない」ということで、アナログ・ライクなDMC-LC1の路線を踏襲。独自の購買層にアピールする。オリンパスとの協業の成果である750万画素のフォーサーズLive MOSセンサーを搭載。E-330とは異なり、ライブビューはミラー・アップしてのみ行う。Super Sonic Wave Filterも装備。光学手ブレ補正機構付きの標準ズームレンズ「LEICA D VARIO-ELMARIT 14-50mm F2.8-3.5 ASPH.」とのセット販売とのことだが、本体やレンズ単体での販売は未定。
先にソニー・ブランド一眼レフの発表もあったように、この時期の発売は当然ボーナス商戦を睨んでのことだろうが、オリンパスったら一体何を考えているのでしょう。当分はE-500とE-330でいくつもりなのか。他社が続々新製品を出してくるだけに気になってしょうがない。出るのかE-3。

コメントする

2018年8月

      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

アーカイブ

Powered by Movable Type 7.0.1