高校サッカーの最近のブログ記事

謹賀新年。というにはちょっと遅い更新だけれど。冬の風物詩、高校サッカーも9日には準決勝を迎え、国立競技場が舞台となる。今回、東福岡高校は2年ぶりに大会に戻って来た。前回は初戦、2戦目を危なげなくクリア。3戦目も勝ち、優勝校となった流経大柏との準々決勝でスコアレス・ドロー。PK戦で惜敗という結果だった。過去2回の優勝があるし、うち1回は高校三冠という栄誉なだけに、ひさびさの活躍を期待していた。今回、初戦は岐阜工が相手。2日、会場の西が丘サッカー場に向かった。


_1028247.jpg

高校サッカー決勝

| コメント(0)

 12日。国立競技場。ついに迎えた第87回高校サッカー選手権決勝の日。栄冠を摑むのは鹿児島城西か広島皆実か。キックオフは14時05分。その頃からほぼ満員のスタジアムに小雪が舞い、やがてみぞれ混じりの小雨が。寒い。雪の国立といえば東福岡対帝京の決勝戦以来か。まさか。試合は前半20分、大迫勇の大会新記録となるゴールで鹿児島城西が先制。しかし広島皆実は金島と谷本のゴールで引っくり返す。皆実は速いパス回しと組織的な攻撃でゲームを支配。巧いなあと驚きの声が漏れてくる。1回戦で帝京を破ったのもなるほどと思える。城西は後半、攻勢を強める。17分、FWの野村が大迫のクロスを押し込んで同点。点の取り合いで面白い決勝戦になった。しかし21分、広島皆実は右クロスに金島が合わせて城西のゴールネットを揺らす。これが決勝点になった。


_1123769.jpg

_1123790.jpg

_1123946.jpg

_1124019.jpg

 第二試合は滝川二対鹿児島城西高校の対戦。城西のFW大迫勇が得点ランキングのトップをひた走り、記録をどこまで伸ばすかに注目が集まる一戦。キックオフするや、鹿児島城西の怒濤の攻撃が開始され、早々と得点。大迫は2点目の豪快なミドルシュートと3点目の鮮やかなループシュートを決め、才能が只ならぬものであることを証明。試合は結局6対2で鹿児島城西が勝利。準決勝で前橋育英との対戦が決定(土曜日)。堅守の前橋のゴールをこじ開けることが出来るか?面白いカードだ。写真は大迫の2点目のシーン。


_1053608.jpg

 謹賀新年。正月といえば高校サッカーだなあと思う。今年は東福岡が土壇場で出場を逃し、モチベーションが上がらなかったが、大会が始まるとやはり興奮するのだった。5日に三ツ沢で行われた準々決勝を観戦。第一試合、鹿島学園対大津高校は鹿島が先制するも大津がすぐに追いつき、1対1で迎えた後半は大津が圧倒的にゲームを支配していたがロスタイムにペナルティ・エリア附近で鹿島がFKを得る。この時何故か大津のキーパーが交代(情報ではPK戦を睨んでの投入だったらしい)。この選択が勝負のアヤになってしまった。鹿島のMF小谷が放ったFKはキーパーの手先をかすめてゴールに吸い込まれた。交代させられたキーパーは好セーブしていたし、試合勘もあったように思うので残念だ。大津の最後の反撃も空しく鹿島学園がベスト4に進出。


_1053505.jpg

_1053508.jpg

 高校サッカー選手権の季節が到来。福岡県大会で東福岡は準決勝(東福岡1−0三瀦)を制し、いよいよ全国大会の切符を賭けて9日、筑陽学園と対戦する。会場はレベルファイブスタジアムと名前が変わった博多の森球技場。
 今年は鵬翔も鹿実も既に予選敗退。86回大会の覇者流経大柏も姿を消したという。下克上というべきか新陳代謝というべきか。何れにしろ、県大会を勝ち抜くのも容易なことではない。下位チームも着実にレベルアップして来ている。「東を倒せ」というのは福岡県の高校サッカーチームの合い言葉である筈だ。
(写真は86回大会、対松商学園戦)


PC310500.jpg

 当地では、平成19年度福岡県高校サッカー新人大会を開催中。2日は準々決勝で東福岡対八女高校が対戦。午前11時の試合開始に間に合うよう、空き時間を都合して駆けつけました。もはや、追っかけですな。試合会場は福岡フットボールセンター。アビスパ福岡の練習グラウンドでもあります。初めての場所でもあり、現地には案内の看板一枚見当たらず迷いに迷いました。埋め立て地の敷地は広大で、方向を間違うと致命的に離れていくわけです。道行く人に聞いて回ってようやく辿り着きましたが、前半を見逃すという大失態(泣)。それでも3点目のシュート・シーンはしっかりフォーカスしました(1枚目)。会場は金網が張り巡らされているだけで、まるで草サッカーの趣き。常設のスタンドはおろか、スコアボードすらなく得点経過は他人に聞いて知る始末。試合の方は3-0で東福岡が勝利。3日日曜に準決勝、決勝戦が予定されています。ホントに2試合もやるのか?ダブルヘッダーかと。
(写真 E-3 ZUIKO DIGITAL ED 70-300mm ISO400-800, ED 8mm Fisheye ISO400)


P2021367.jpg

P2021426.jpg

P2021440.jpg

P2021515.jpg

 フォトギャラリーに選手権準決勝の写真をアップしました。


P1060754.jpg

2017年9月

          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

アーカイブ

Powered by Movable Type 6.3.3